2017年02月19日

自宅で出来る腰痛予防の体操 ★

腰痛体操とは、腰痛を予防するための体操のことのようです。
腰が痛いときにする体操のことではないので、腰痛体操は腰が快調だと感じているときに行うと良いでしょう。

腰痛体操で重要なのは、腹筋と背筋を鍛えることにあると思います。
腰を支えているのは腹筋と背筋になるので、この筋肉が衰えてしまうと腰痛になりやすくなるのだとか。
ですから腰痛体操で腹筋と背筋を鍛えれば、筋肉がコルセットのような働きをして、腰痛防止になるようです。
また、腰痛体操では、腰周辺の筋肉を柔らかくするということもポイントになるのだとか。
腰周辺の筋肉が硬くなると、ちょっと腰を捻っただけでも腰痛になってしまうようです。
ですから腰痛体操では、腰周辺の筋肉を伸ばすということも重要になると思います。
簡単にできる腰痛体操には、仰向けに寝て、膝を抱えるというものがあるでしょう。
この腰痛体操をすると、背中側の腰の筋肉を伸ばすことができるようです。
また、仰向けに寝た状態で腰を捻るという腰痛体操も、腰周辺の筋肉が柔らかくなるのでオススメです。
仰向けに寝た状態で膝を曲げ、腹筋運動をしても腰痛体操になるでしょう。
そしてうつぶせになって上半身を反らせば、背筋を鍛えることができ、腰痛体操になると思います。
腰痛体操として、椅子に座りながら左右に腰を捻るという運動も挙げることができるでしょう。
また、椅子に座りながら上半身を前に倒して腰周辺の筋肉を伸ばすと、腰痛体操になると思います。
椅子に座りながらできる腰痛体操なら、仕事中でも手軽に取り入れることができるのではないでしょうか。
ただ、腰痛体操は、腰が痛いときには行わないようにしてください。
腰が痛いときに腰痛体操をしてしまうと、痛みが悪化することがあるのだとか。
ですから腰が痛いときは、腰痛体操をせず、腰の痛みを取り除くことに専念すると良いと思います。
そして、腰の痛みが取れてから、腰痛体操を行いましょう。


腰痛体操に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、腰痛体操の動画も、ネットを活用すると観ることができます。
ですから腰痛体操を覚えて日々の生活に取り入れたいと考えている方は、ネットで情報を集めてみると良いと思います。
腰痛体操を紹介している動画をお気に入りなどに保存しておけば、毎日手軽に観ることができるでしょう。
posted by トリトン at 21:00| Comment(0) | 自宅で出来る腰痛予防の体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。